【株投資のプチメモ】優待銘柄を買うべき時期&買っちゃダメな時期

資産運用術

優待銘柄を買うべき時期=優待の権利確定日の一か月くらい前

ここで言う買うべき時期とは、優待権利を安く手に入れられる時期のことを指します。

基本的に値上がりする優待の権利確定日直前は取引を避けるのが鉄則です。

優待狙いの投資家達が買いを入れ始める前(1か月~一か月半前)に買っておきたいところです。

権利確定前に思いのほか株価が値上がりして、優待よりも得をしそうなら売却益のみをゲットするのもありです。

当然、一番安く手に入れられるのは暴落時です。

暴落時に買うなら、優待目的で長期保有が前提、かつ過去のデータから底値がだいたいわかっている銘柄のみにしておくべきでしょう。

逆に買うべきじゃない時期は、以下の通りです。

買うべきでない時期=権利確定日の直前
【免責事項】
本サイトに掲載された情報は細心の注意を払い投稿しておりますが、あくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の正確性・信頼性等については一切保証されておりません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者は一切の責任を負いません。掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。
タイトルとURLをコピーしました