超簡単にWEBエンジニアとは何か解説!【さらっと学ぶフロントエンジニア】

さらっと学ぶWEBのお仕事
どらやき君
どらやき君

WEBエンジニアってかっこよさそうだけど、色々種類あるの?

だいふく
だいふく
 

ざっくり言うと「見た目をやるフロントエンジニア」「裏側のシステム系をやるバックエンジニア」の2つがあるよ!

WEBエンジニアって何?

「かっこよさそうだからエンジニアの勉強とかしようと思ったけど、色々あって何していいかわからない…」

なんて声をよく耳にします。

とにかく黒い画面とかでコードを書いてる人・・・くらいのイメージしかない方が多いと思いますので、エンジニアにも種類があってどう違うのかなんて普通知らないですよね。

WEB系以外にもサーバーエンジニアとかセキュリティエンジニアとか色々ありますが、今回はWEB関係のエンジニアの、見た目を構築していくフロントエンジニアと裏側のシステムを構築するバックエンジニアにフォーカスして解説していきます。

WEB系のエンジニアちょっと気になるけど、何を調べて勉強していいかわからない!という方はここでさらっと要点を押さえてやりたい分野のことをもっと勉強していきましょう!

フロントエンジニア(HTML/CSS/マークアップ

ちょっと前までは、HTMLで正しく文章構造を書く「マークアップエンジニア」という人もいたんですが、今ではマークアップを含めてフロントエンジニアが対応するのが一般的です。

マークアップとは
正しい文章構造のHTMLを書くこと
マークアップエンジニア=HTMLのタグ(機械が理解できる目印)を駆使し、PCに文章構造を正しく理解させるためのコードを書く人

マークアップは結構簡単なので、それだけでお金を稼ぐのは少し難しくなってきました。

(だからこそ、HTMLマークアップはフロントエンジニアを目指すなら最低限必須の知識なので、次回以降にそこもさらっと解説します!)

そしてそのフロントエンジニアとは、ユーザーが目に見て、触れて、操作するすべての部分のコードを書く人です。

フロントエンジニアとは
エンドユーザーが直接触れる部分をコードを駆使して作り上げる人。

マークアップ/CSS/JavaScript/PHP/API/CMSなどを主に使う

マークアップ(HTML)とCSSさえ書くことができれば、フロントエンジニアと名乗っても問題ありません。

ただ、マークアップとCSS以外の言語(特にアニメーションなどの動きを付けられるJavaScriptやワードプレスのカスタマイズなどができるPHP)を身に付けておけば、フロントエンジニアとしての市場価値は高くなり、より良い会社・給料を目指すことが可能です。

バックエンドエンジニアって?

バックエンドエンジニアとは
ユーザーに見えない部分の設計・構築・開発を行う人
Python/Ruby/SQL/C言語/Javaなどを取り扱う
どらやき君
どらやき君

ユーザーの見える部分を作るのがフロントエンジニアっていうのはわかりやすいけど、逆にバックエンジニアが何してるかわからない…

普段見ている部分=フロントエンドはイメージ付きやすいですが、見えない部分=バックエンドはちょっとイメージしにくいですよね

基本的に普段私達が触れているのは、フロントエンドで見た目が作られているものにバックエンドのシステムがくっついているものなので、その区別がつきにくいんです。

そこで、今回はフロントエンドのみのものと、フロントエンドとバックエンドがくっついたものを両方触ってみましょう!

バックエンドのちょっとした感覚をつかんでみよう

下に簡単な電卓を用意してみましたので、ちょっと触れてみてください!

0
0
C
 
BS
÷
9
8
7
×
6
5
4
3
2
1
+
00
0
.
=
電卓制作の参考はこちらから
どらやき君
どらやき君

あれ?この電卓動かない?

だいふく
だいふく

その通り!実はこの電卓は、フロントエンド(HTMLとCSS)だけで作られてるから、文字通り見た目だけの電卓なんだ!

普段何気なく使っている電卓アプリ等も、実は見た目計算システム(裏側のシステム)を掛け算して作られています。

 
上の電卓のような、見た目までをフロントエンジニアが作りそのあとに実際に計算して動くようなシステムをバックエンジニアが作る…みたいなイメージをつかんでおきましょう!
タイトルとURLをコピーしました