【WEBディレクターは大変/でもいいこともある】営業と制作業務をするのはしんどいよねって話

つぶやき

こんにちは、だいふくです。

僕は元々そこそこ大きいWEB制作会社でWEBディレクターをやっていました。

その時のWEBディレクターの業務内容としては、大きくわけて営業と制作進行の二つを担っていました。
(会社によってWEBディレクターの業務範囲は結構変わります!)

その時にずっと思ってたのが、
「営業と制作、両方やるのってしんどいぁ…」です。

簡単!WEBディレクターって?

WEBデザイナーやエンジニアを家を作る職人とするなら、WEBディレクターは設計図を作成する建築家と現場を管理する施工管理の人を合わせた感じの仕事です。

(ちょっと批判受けそうな表現ですが、特に他意はありません)

さらにざっくり業務内容を見てみると、こんな感じです。

WEBディレクターの業務

【営業業務】

  • 新規案件の獲得(基本的には問い合わせを貰って対応する or 代理店からの依頼)
  • 打ち合わせ・日頃のやり取り(契約や請求も責任を持ってやります)
  • クライアントのコントロール(知識のない方程むちゃな要望を後からどんどん言ってきます)

 

【制作業務】

  • 戦略を立てて、ワイヤーフレーム(サイトの設計図)を作る
  • デザイナー・エンジニアのアサイン(社内に抱えている人を使う・外注する)
  • 制作物のクオリティチェックなど

非常にざっくりですが、大まかには上記のような仕事を行うのがディレクターです。
元々はデザイナー・エンジニア出身で、次のステップとしてディレクターになる人も多いです。

業務範囲は、受注前から受注後までで、基本的に最終の責任まで負わされがちです。

「なんか楽しそう!」ってよく言われます。
実際楽しいこともあります。
ほぼ人との摩擦かシステム的なトラブルで頭を抱えているディレクターですが、めちゃくちゃいいサイトができて、クライアントから「効果が出た!」って言っていただけたり、自分の裁量で案件を動かせるのでうまくいったときは結構楽しいです。

まぁそれでもつらさ9割ですけどね(笑)

何が一番しんどいのか?と考えたことがあるんですが、
周りのディレクター見てて気が付きました。

営業と制作って全然違う内容だから、得意不得意が出る

案件とってくるだけなら、WEBディレクターの営業はそこまで難しくありません。
適当に「こうすれば絶対反響ありますよ」とか「じゃあお値引きします!」とか「●●日には納品します!」とかむちゃ言って、制作に投げてしまえばいいからです。

逆に制作だけのWEBディレクターの営業はそこまで難しくありません。
クライアントと直接関わることもないので、細かい仕様とかミスとかあまり気にしなくていいし、最悪全然反響もない無価値のサイトを作っても怒られることもないので、適当に数だけこなせばいいからです。

実際営業と制作切り分けてやってるWEB制作会社もありますが、中の人の愚痴は大体こんな感じです(笑)

営業としていい顔し過ぎても後から首を絞めるし、制作で楽しようと浅い戦略と難しくない仕様のサイトにしようとすると、全然案件が取れなくなる…

営業と制作、両立をさせることがしんどい

しかも、だいたい人間なんて「外向きタイプの人間」か「内向きタイプの人間」のどちらかで、
多くの人はそのタイプによって営業とか事務系仕事とかを決めているなかで、WEBディレクターは両方やらなければならない… 

つまり絶対苦手な分野でも戦わなければならない仕事

です。

もちろんタイプの違う、苦手分野の仕事も一定以上にできるようになれば、一気にステップアップしていくことも可能です。

営業・制作系の両方をできるようになると、一気にやれる選択肢が増えます。

だからディレクターは独立とか考えている人も多いです。

こんな感じでしんどい仕事ですが、上昇志向の方・我こそは営業も制作もこなせる二刀流と自負のある方は是非ディレクターになって、どんどんステップアップしてください。

経験値の溜まる早さと裁量の大きさ、問題解決能力アップ、WEBマーケティング・WEB戦略は身につきます。

未経験Okな会社も結構あるので、ちょっとでも気になった方はレッツディレクター!

つぶやき
スポンサーリンク
だいふくマーケット
タイトルとURLをコピーしました