【本気の在宅業】オンライン(在宅)でできる仕事・副業のアイデア例

在宅副業のすすめ
「家に居ながらお金を稼ぎたい」

誰しも一度は考えたことがあると思います。 好きな時間にやりたい分だけ働きたい、煩わしい人間関係を避けたい、くつろぎながら楽にお金が欲しい…などなど色々と理由があると思います。
もちろん世の中そんなに甘くはなく、だらだらしているだけで楽にお金を稼ぐなんてことはなかなかできないものです。 (なんなら、「本当に外に出ずにお金を稼げるのか?」と疑っている方も多いんじゃないかと思います。)
でも大丈夫です。

インターネットが普及したこの時代、オンラインの恩恵を最大限に活用すればそんな夢を十分叶えることができます!

よくある「何もしなくてもお金を稼げる!」「一週間で30万円!」みたいな怪しげなネットビジネスではなく、普通に主な収入源として生活することができたり、副業としてをお小遣いを得ることができる真っ当なオンラインの仕事やビジネスのアイデアはたくさんあります
在宅で好きな時間に好きなだけ働く働き方や、場所を選ばない働き方は空想のものではありません。
現にオンライン系の自営業やフリーランス、ノマドワーカーは世界中にいますし、日本だってその例外ではないんです。
少しでも在宅・オンラインでお金を稼ぐ方法に興味があるなら、このあたりから始めてみて下さい。

・ブログやYouTubeを始める

今やブロガーやYouTuberは珍しい存在ではありません。
一部の人気ブロガー/YouTuberは一年でサラリーマンの平均生涯収入を稼いでしまいます。
もちろんほとんどの方はそうではありませんが、決して億万長者ではなくて日常生活に全く困らない程度の収入を得ている人は大勢います。
大きく言えば要はどちらも広告代理業であり、まったく地に足についていない職業とはいいがたいです。
もちろんいきなりバリバリ稼ぐことはできないかもしれませんが、始めるハードルは低く、アイデアややる気次第で十分副業として始められますし、稼げるようになってくれば専業になることもできます。
<やる前に「どうせ自分には無理だ…」と考えてしまい、実際に行動しない人が多い分野ですが、やってお金を稼ぐ可能性をゲットでき、別に損することもないのでやってみる価値は十分にあります。

・言葉を教える

世界各地と在宅で繋がることができるオンラインの強みを生かせるものです。
英語を教える」ことが正直最も需要が高いですが、誰しもが英語を教えられるほどの英語力はないでしょう。 でも日本語を教えることならできるはずです。
教えるにも最低限度の英語は必要ですが、「英語自体を教える」ことよりも圧倒的にハードルは低く、実は参入してみる価値が十分にある市場だといえます。
例えば、「日本語教室交流掲示板」というサイトがあります。
「こういう条件で日本語を教えます」「日本語を学びたいです」のような、教える側も学びたい側も自由に投稿・募集することが可能です。
このサイト以外にもいくらでも探しようがあります。
コミュニケーションが好きな方にお勧めのアイデアですね。

・スキルを教える

少し「言語を教える」と重複しますが、何かしらの特技を持っている方は大勢いらっしゃると思います。
「そんなの自分にはない」という方も、実は他人からしてみれば教えてもらうに値するようなスキルをお持ちかもしれません。
専門的なソフトウェアの使い方だったり、文章の上手な書き方、文字の上手な書き方…いくらでも例が挙げられるほど、そういったスキルはあるものなんです。
そのスキルを、きちんとコースにし、言葉にして、授業として公開すれば収入を得られるかもしれません。
例えば、Udemyというサービスは、いろんな方が投稿したコースを購入することもできますし、自分が有償のコースを投稿することもできます。
このようなサービスを利用することで、自分のスキルを売ることも可能になります。

・クラウドソーシング

こちらはあまり説明する必要もないかと思います。
在宅でお仕事を探すなら初めにクラウドソーシングサイトを覗きますよね。
(例えばクラウドワークスなんかが有名です。)
結構web制作系の仕事が多く、もし興味があるけどスキルがない…なんて方がいらっしゃれば先ほど紹介したでUdemyコースを受講してスキルを身に着け、そのスキルを使って仕事を受けるなんてこともできます。
いかんせんクラウドソーシングは、文字の入力等誰でもできる仕事の単価は低いので、何かしら専門性があり一部の人にしかできない仕事を受けられるようになるのがまとまったお金を稼ぐための必須条件になります。

・在宅業務アシスタントになる

あまり聞きなれない職業かもしれませんが、アメリカから広まって来ている新しい働き方があります。
ネットを通したリモートで業務にかかわっていくスタイルのお仕事です。
案外Indeedなんかで調べてみれば、募集が出てきますので一度覗いて見てはいかがでしょうか?
Indeedで「在宅業務アシスタント」を検索

・オンラインストアを始める

俗に言うECサイト(electronic commerce)です。
最たる例はAmazonですが、自前であそこまでのサイトを制作するには相当なお金が必要になります。
お金をかけなくても、無料でオンラインストアを開設するサービスはありますし、(BASE(ベイス))多少の資本があるならAmazonや楽天に出品すればいいのです。
無料で開設したオンラインストアは、そもそも訪問者がいないので全く購入されない、なんてデメリットがありますし、Amazon等に出品すれば、一定の数の人に商品を見てもらえる可能性が高い代わりに、色々と初期費用が必要だというデメリットがあります。
様々なメリット・デメリットを比較し、実際に売る商材の性質なんかを考えたうえで出品しましょう!

・Facebook広告やGoogle広告を代理で打つ

実はFacebook広告やGoogle広告、TwitterやInstagramの広告は誰でも掲載することができます。
これは自分の事業の広告を打つだけでなく、誰かの広告を代わりに掲載してあげて、その代理費用をもらったり、成果に応じてインセンティブをもらったり、運用の手数料を月々もらったりと・・・一度お客さんを捕まえてしまえば安定してお金を稼ぐことができるものです。
当然こちらもある程度の知識や経験が必要になってくるものですが、本でもudemyでも学ぶことはできますし、今後の発展性を考えれば十分やってみる価値のあるマーケットです。

・SNSの代理運用

少し上記の広告代理の話に近いですが、FacebookやTwitterのアカウントを代理で運用してほしい企業はたくさんいます。ブランディングだったり、集客だったりと目的は様々ですが、なかなか社内のリソースだけで運用していくのは難しいもので、外注したいと考えている担当者は多いです。 月に一回程度更新されているような法人のSNSアカウントを見つけたら、一度連絡を取ってそういった営業をかけてみる価値はあるかもしれません。 案外個人の医院(歯科医院とか)や中小企業なんかは、一度任せてみてもいいかもと思ってくれるかもしれません。
これらはすべて一例にすぎません。 収入になるか定かでないものもありますし、やっても生活できるほどの金額にならないものもあるかもしれません。 ただ、少し勇気を出して挑戦したり、一度やってみたりすると案外収入につながるものはたくさんある、ということを再認識していただければ幸いです。

仕事=外で働くという固定概念を捨てることができれば、あなたの自由な人生に一歩前進できるはずです!

タイトルとURLをコピーしました