MEOの順位対策は危険!でもGoogleマイビジネスは重要な話【なぜSEO/MEO対策の規制があるのか解説】

WEBマーケティング

MEO(Map Engine Optimization)=主にGoogleマップの最適化を表します。(口コミ対策・定期更新請負・順位改善策など…)

(SEO=普通のGoogle検索の最適化対策、MEO=Googleマップの最適化対策 くらいの認識でOKです)

詳しくは以下のサイトがわかりやすいです。
https://omotenashi.com/indoorview/map-engine-optimization/

本日のテーマ:MEO対策がハイリスク化

最近、MEOの順位の改善が非常に難しくなりました。

世に出回っている対策方法自体がグレーなものになることが多く、
最悪の場合はガイドライン違反として通報される→Googleマイビジネス情報削除なんてことにもなりかねません。

特に飲食店などでは集客効果が高く、SEO対策よりも力を入れておられるお店も多いですが、
当面はあまり無理してMEO対策などは行わない方がベターです。

(当然、現在MEO対策サービスを提供しているWEB戦略関連の会社さんも気を付けないといけません)

それでもGoogleマイビジネス登録自体はとっても重要!たくさんのメリットがあり

一方でGoogleマイビジネスにおいて基本情報を設定することは非常に大切です。
「SEO対策の効果がより見込める」
「WEBから集客が見込める」
「誤った情報を修正できる」など、Googleマイビジネスに登録すること自体は必須といえるほど多数のメリットがあります。

今後の展望予想

そもそもなんでGoogleが露骨なSEO対策だったりMEO対策を嫌うのでしょうか?
それはGoogleだって利益を追う企業だからです。

Google検索やGoogleマップなんてすごいものを無料で使わせてくれているGoogleさんですが、決してボランティア団体ではありません。
従業員数も多いし、世界最強レベルのサーバーも維持してるし、いろんなところに回すお金が必要です。

じゃあそのお金をどこから得ているか?

それは広告費です。

リスティング広告なんかもそうですし、最近伸びのあるYoutubeだってyoutubeアドセンスっていう広告サービスが存在しているんです。
つまり広告主が増える=Google儲かるの図ができるんですね。

では次に、

Googleはどうやって広告主を増やしている?

広告主はより効果が見込める広告を打って、自分の利益につなげるための投資をします。
そのためにはたくさんの人に見てもらう必要があるので、Googleはたくさんの人に利用されるサービスを無料に提供し続けているんです。

そういう各所の思惑があり、

無料でいいサービスが使えるから、たくさんの人にGoogleが利用される→広告主も効果的な広告を打ち出せる→Googleも儲かるというみんな幸せな図の出来上がるんですね。

そしてそのたくさんの人に利用されるいいサービスとしての検索エンジンで、ユーザーが困り事なんかを検索→SEO対策を主としたユーザーが求めていない内容のページ(キーワード含有率とか文字数ばかり気にした中身のない記事とか)が検索上位を占めると、誰も使わなくなってしまうので→Googleが困る→規制という流れになっているわけです。

実際、昨今の日本の若者たちは(私も当てはまりますが)、Google検索ではなくTwitterやインスタ等のSNSで飲食店なんかを検索して、よりリアルな口コミなんかを探すようにもなっています。(Google検索すると●●駅のおすすめグルメ!的なものばっかりであまりリアルな口コミじゃないですよね)

こういったユーザーの求めていない情報を上位掲載しないために、GoogleはSEO・MEO対策を規制したり、検索エンジンのより高度なシステム設計なんかを頑張っているのです。

タイトルとURLをコピーしました