【医療関係者必見!】医療広告ガイドラインについて解説

WEBマーケティング

元々あった「医療広告ガイドライン」は、CM、チラシ、看板等のThe 広告といったものが規制対象でしたが、美容系クリニックサイトの表現などが問題となり2018年6⽉にガイドラインがより厳しくなり、ホームページも規制の対象となりました。

医療広告ガイドラインって?

そもそも「医療広告ガイドライン」とは一体どんなものなのでしょうか。

医療に関する広告は、⼈の⽣命や健康に深くかかわってくることなので、医療法によって厳しい規制が課せられています。

そのため、医療広告ガイドラインは厚生労働省によって厳しくルールを設けられています。

そのルールこそが、医療広告ガイドラインです。

「医療広告ガイドライン」は、医療関連の広告の内容を正確で誤解を与えないように広告を作成するためのガイドラインです。

医療広告ガイドライン=広告でも正確な情報を提供するためのルール
医療広告ガイドラインの詳細はこちら

医療広告ガイドラインの対象

医療広告ガイドラインの対象は、医業関連の病院やクリニックです。

大きな病院はもちろん、個人開業の医院、美容系のクリニックなどが該当します。

歯医者さんなど、集患競争が激しくちょっと尖った訴求をしなければならない医院はなおの事注意しておくべきでしょう。

違反した際のペナルティ

医療広告ガイドラインに違反した場合には、段階があります。

段階が進むごとにより危なくなってきますので、要注意です。

第⼀段階
医療広告ガイドラインに違反するような広告を当局に発見されると、⾏政指導により広告の中⽌や内容の是正を求められることになります。
 
第⼆段階
第一段階の⾏政指導に従わなかったり、違反を繰り返すなどの悪質と判断されると、中⽌や是正が「命令」されます。命令になると強制⼒が働きますので、処分の対象になってしまいます。
 
第三段階
中⽌や是正などの命令等に従わなかった場合、法に基づいて罰則が適⽤される事があります。
6ヶ⽉以下の懲役や、30万円以下の罰⾦、病院や診療所などの開設の許可の取り消し・閉鎖など、
院としての運営ができなくなってしまう事があります。

禁止されている表現とは?

医療広告ガイドラインで禁止されている表現とはどのようなものでしょうか?

最も多く見られるNGは、「患者様の声」的な体験談コンテンツです。そういえば最近はそういうの見ないな…と思った方もいるのではないでしょうか。

その他には、「うちは他のところよりすごいです!」みたいな表現もNGです。

●●において日本有数~とか県内トップレベル~とかの謳い文句や、他の病院とは違い~みたいな曖昧な比較が危ないです。

ユーザーに誤解を与えかねない表現を、特に厳しく禁じられています。

より詳しくは厚労省の資料よりご確認ください

広告規制限定解除について

色々と厳しく規制している医療広告ガイドラインですが、駅の看板や、リスティング広告等とは違い、
病院のホームページやパンフレットは、患者さんが自ら望み⼊⼿しに⾏く情報です。

その点は考慮されていて、「患者が求める情報」に関しては、条件のもとに広告可能事項の限定が解除されます。

表現の限定が解除される要件
1.広告経由ではなく、⾃然検索などで自ら情報を得ること
2.問い合わせ先・連絡先を明記する
3.治療内容・かかる費⽤を明記する
4.リスク・副作⽤をしっかり提⽰する
この4点全てを満たせば、限定解除を受けることができます。
限定解除を受ければ、手術件数や専門性などを掲載することが可能です。

注意勧告を受けた場合の対応⽅法

実際に当局から注意勧告を受けた場合は、NG部分を問題ないものに変更する必要があります。

ただ、ルールは細かいですが禁止事項がかなり抽象的なものなので、具体的にどのように直せばいいかわからない場合があります。

そのような場合には、以下をご確認ください!

管轄の保健所等に相談

厚⽣労働省のサイトには「医療に関する広告についてのご相談は、医療機関を所管する⾃治体の窓⼝にご連絡をお願いします。」という記載があります。

直した内容がOKかどうか判断が微妙な場合があるので、その管轄の保健所に相談することが可能です。
医療広告相談窓⼝⼀覧はこちら

チェック機関(当局)に相談

注意喚起を受けた場合、医療系サイトをパトロールしている機関から書類が届きます。
その書類に連絡先が記載されていますので、そちらに具体的な質問をすることが可能です。

学会から指摘される場合も

官公庁が定めるガイドラインとは別で、学会が定めたガイドラインも存在するため、学会からの指摘を受けるケースもあります。

特に掲載内容について注意すべきは以下の点です

【治療法および矯正歯科装置の掲載】
1. 矯正歯科治療の治療法および装置の名称は、日本矯正歯科学会学術用語集に記載されている学術用語、あるいは一般名称を用いるべきである。
2. 学術用語以外の用語やホームページ閲覧者の誤解を招きやすい表現は学術用語と併記して掲載すべきである。
例)インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)
3. 商品名を掲載する際には必ず学術用語また一般名称を併記する。
例)○○ライナー(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)
4. 学術的に不適切と思われる治療法や装置の説明ならびに用語は掲載すべきではない。
例)ブライダル矯正、スピード矯正、プチ矯正
5. 治療法や装置の説明において歯科矯正学的根拠を伴わない表現は使用すべきではない。
例)100%、99%、絶対、確実

参考:公益社団法人 日本矯正歯科学会ホームページガイドライン

さいごに

繰り返しになりますが、細かく色々規制されてはいるものの、

判断基準が結構曖昧なので、勧告を受けた場合は細かく対応していくしかないです。

自分で制作したホームページに勧告が来たが、忙しくて対応できない・どのあたりをどう直せばいいかわからない…などのお悩みもあるかと思います。

そのようなときには、思い切って専門の業者(ホームページ制作会社やコンサル会社など)に相談や見積もりを取ることも視野にいれましょう。

現代において、医療分野でもホームページなどの広告はかかせないものです。

掲載したい情報はきちんと載せ、問題のある部分はしっかり直して効果的に使いましょう!

タイトルとURLをコピーしました