3.アクセス数を上げるためには?【WEB戦略概論I】

WEBマーケティング

前回は、コンバージョン(ユーザーに求める動きをしてもらう)を獲得するためには、「アクセス数」と「コンバージョン率」の両方を上げる必要があると解説しました。

WEB集客=コンバージョン獲得=こちらがユーザーに求める動きをしてもらう

  2.WEB集客=アクセス数×〇〇率 はこちら

今回はいよいよ、「アクセス数」を上げるための具体的な方法をご紹介していきます。

だいふく
だいふく

以下は無数にあるアクセス数アップのための施策の一例ですが、代表的なものはこれで全て押さえられます!

アクセス数を上げる施策

今回は、以下の3つの施策を解説していきます。

【アクセス数を上げる3つの施策】

  1. 自然流入を増やすSEO対策
  2. リスティング広告で求めるユーザー層の流入を増やす
  3. CMSを導入し、記事を量産→検索にヒットする確率を上げる
いずれもWEB戦略において避けては通れないものなので、ここでばっちり身に着けておきましょう!

アクセス数を上げる施策①SEO対策

調べたいことを検索(これを自然検索/オーガニック検索と言います)すると、いろんなサイトが出てきますよね。

そしてだいたいの場合は、検索結果の1ページ目~2ページ目くらいまでしか探さないのではないでしょうか?

実際、検索結果1ページ目内の順番ですらユーザーがアクセスしてくる確率は大きく変動しますので、2ページ目以降と1ページ目ではとんでもないくらいの差が生まれます。

では何をすれば検索結果の順番を上位に表示させれるのか、というのがSEO対策です。

SEO(英語)対策=Google(ヤフー)の検索で上位に出るための対策

一般的にSEO対策とは、シェア率ダントツNo1のGoogleの検索エンジン対策のことを言います。
(ヤフーの検索エンジンは、実は検索システムをGoogle社から借りているものなのでGoogle対策をすればヤフーにも同様の効果があるとされています)

SEO対策の具体的な内容として、以下のようなものがあげられます。
(実際には、Googleは上位表示の基準などは基本的に非公開のため推測による対策内容です。)

【SEO対策の一例】

  1. サイト全体のページ数やコンテンツの内容が充実している
  2. ページ内のキーワード(そのサイトのメインのテーマなど)の含有量がちょうど良い
  3. サイトの開設から現在までの時間が長い(ドメインパワーとも呼ばれます)
  4. (Google的に)評価の良いサイトからたくさん外部リンクされる
  5. サイト全体の更新頻度が高く、常に情報が最新の状態になっている
  6. 適切なマークアップ(HTML)&シンプルなCSS(見た目を整える言語)で構成されている
  7. 表示速度が速いこと(特にスマートフォンでの表示速度が遅いとマイナス評価に!)
だいふく
だいふく

一番大切なのは、検索の上位表⽰されるサイト(=Googleに評価されるサイト)とは、アルゴリズムの変動に左右されない「質の⾼いコンテンツ」を掲載すること!

上記のSEO対策の例にあげた、コンテンツ内容の充実やキーワードの選定などをGoogleが評価するのは、競合サイト(同じようなコンテンツ内容を扱うサイト)よりも情報が豊富で価値があるかどうかを判断していると考えられます。

表示速度や情報の鮮度もですが、とにかくユーザーにとって一番価値のあるサイトを上位に表示させたい!というGoogleの考えが背景にあるため、より質の高いコンテンツを持つサイトが検索上位に表示されます。

ちなみになぜGoogleが「ユーザーにとって一番有益なサイトを検索上位に持っていきたいか・価値の低いサイトを表示させたくないのか」については別記事で解説していますので、興味がある方はこちらも是非ご覧ください。

そこまで押さえておけば「なぜユーザーに価値あるサイトを作る必要があるか」をばっちり理解できますよ!

【余談】このSEO対策をやったら確実に順位が上がる!はない

(このあたりはもうすぐにでも実務でWEB戦略を提案していきたい!という方のみでOKです。
それ以外の方は【次の施策②リスティング広告】まで飛ばしてください!)

正直、SEO対策は年々難しくなってきています。

先程解説したようなGoogleの検索エンジンのアルゴリズムを予想して、適切なマークアップやらテキスト量やらキーワード含有量やら…たくさん世には「SEO対策」が出回っていますが、「これをやったから確実に順位が上がる!」といえるものはありません。

(質の高いコンテンツを掲載する!と言っても正直個々のケースによって掲載内容は違いますので、その対策を任された方の手腕に大きく依存します)

そんな背景があり、今は「うちはSEO対策もきちんとしてホームページを作るので検索で上位に出てきますよ!」と断言できる制作会社やコンサル会社はなかなかありません。

(ですので、僕はSEOでどうしても検索上位に行きたい!という方(クライアント)がいらっしゃれば、成果報酬型のSEO会社をお勧めしています。)

なぜ成果報酬型のSEO会社がいい?

成果報酬型ではない場合(普通に対策作業を行った人件費などの単価を請求する)、SEO対策としてコンテンツの更新とマークアップ改善を人的工数●●円でやる→結果がでない…ということになると、人的工数に対する正当な請求をしても結果が伴っていないので問題になることがあります。

一方成果報酬型でのSEO会社なら、対策時点ではお金を取らない→結果が出たらその結果に応じて●●円請求→結果が出れば回収できる、結果が出なくてもお金を貰っていないから問題にならない という形になりますので、

だいふく
だいふく

WEB制作とかサイト運営の代行、コンサルとかしている方は「SEO対策をして検索上位にしてくれ」という要望には成果報酬型のSEO会社を紹介することをお勧めしています。

もちろん、あらかじめその成果報酬型SEO会社と契約を巻いておいて、紹介マージンを取ることもビジネスモデルとして成立します。

逆に、SEO対策に自信があるようなら、成果報酬型のサービスを展開してバンバン報酬獲得を目指すもの一つの手です!

アクセス数を上げる施策②リスティング広告

リスティング広告=検索した時に上に出てくる【広告】とついてるものです。

赤枠の部分がリスティング広告を出稿したページです。その下からが通常の自然検索(オーガニック検索)の検索結果です!

リスティング広告=自然検索の一位表示よりも上に掲載可能!

広告ということや、ランニングコストがかかるということもあり反射的に「広告は嫌だ!自然検索でアクセス数取れれば無料だ!」とお考えになる方はたくさんいらっしゃいます。

コンバージョンや利益率によりますが、リスティング広告の方が圧倒的かつ確実に利益を生むことができる場合がありますので、WEB戦略として確実に押さえておきましょう!

リスティング広告は意外と簡単に出稿できますし、幅広いキーワードでの登録が可能です。(WEB戦略というキーワードでこのサイトを出稿することも可能!)

また、サイトを運営していくなかでのユーザーの需要を掘り下げて分析することにも使えたりします。

【リスティング広告のメリット】
1.希望するキーワードで広告表示できる
検索されそうなキーワードを多く登録することで、幅広い需要のユーザーのアクセスを獲得できます。
2.クリック課金型なので費用対効果が非常に高い
広告を実際にクリックされなければお金はかからないため、コストパフォーマンスが高く無駄がありません。
3.効果・結果が数字で見えるので、分析・改善しやすい
広告の表示回数、クリック数、目的ページの閲覧数などがGoogleの管理画面で確認できます。
4.掲載順位、1クリックあたりの単価、広告の表示内容が決められる
広告文は自由に設定できるので、様々な創意工夫を行うことができます。

【リスティング広告のデメリット】
1.お金がかかる
2.費用対効果を見込めるものでなければ成立しない

だいふく
だいふく

大切なのは、リスティング広告出稿による費用対効果が見込めるかどうかです。具体的な例を見ていきましょう!

【費用対効果が見込める例】

例えば、
「家の鍵を無くした!家に入れない!」→「家 入れない 鍵無くした」で検索!→鍵開け業者のサイトへ

リスティング広告ではエリアの限定などもできるので、

上記のような例の検索でもすぐに現場に行って対応できる業者が広告を出稿していれば

そのまま成約につながる可能性が高く、その辺計算して出稿していれば利益をきちんと見込めます。

(例えば100クリック分の費用をリスティング広告にかけて、CV率は1%と仮定して1成約でも取れたら利益がでる、みたいな計算で広告を出稿します)

だいふく
だいふく

このあたりの細かい話は、また別の記事でみっちり解説しますので、ここではリスティング広告はただ出稿してアクセス数を増やすためのものではなく、利益を出すところまでを見越して出稿する必要があるということを覚えておいてください!

【費用対効果が見込めない例】

一件当たりの利益率が低い・薄利多売系の売り物・サービスには、リスティング広告は向いていません。
基本的に個人のアフィリエイト記事なんかも基本的には適していませんが、クレジットカードのアフィリエイト等の利益率が高いものにはリスティング広告をかけることもあります。

クライアントや対象のサイトに合わせて、効果が見込めれば柔軟に利用しましょう!

アクセス数を上げる③CMS(コンテンツマネジメントシステム)の導入

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは、簡単に言えばウェブサイトを作るために本来必要なHTMLやCSSなどの専門的な知識がなくても簡単に更新できるシステムです!

左がWordPressの記事投稿画面、右がHTMLファイルです。パッと見た感じでもわかるように、CMS上だと専門的な知識はあまり必要なく、誰でも更新を行えます。

オープンソースであり商用でも無料で使える「Word Press」が有名で、東証一部の企業のサイト等でもWord Pressで構築されているサイトをたくさん見かけます。

他にも様々な企業から独自のCMS(MovableTypeやJimdoなど)が発表されています。

CMSにもたくさんの種類があり、特徴やコスト、メリットデメリットがありますので、興味のある方は一度調べてみてください!

CMS導入でなぜアクセス数が上がる?

上記でも少し触れたように、本来WEBサイトを更新するためにはサーバーにつなげて、HTMLやCSSなどのファイルをアップロードして…みたいな作業が必要です。

しかし、CMSがあれば知識のないクライアント自身でブログやお知らせなどのサイトの投稿・修正が可能になり、記事を投稿するたびにページ数が増え、CMS無しのホームページと比べて訪問者をより獲得しやすくなります。

【アクセスアップにつながる理由】

  1. 費用をかけず、更新によるページの大量生産が可能
    更新の為に追加経費がかからず、1つのホームページで多くのキーワードをカバーする事ができます。
  2. 検索エンジンに評価されやすい
    お知らせやブログの記事量が多いと、確率的に検索エンジンにヒットしやすく、アクセスしてもらえる可能性が高くなります。
  3. ユーザーに有益な情報提供をして、ファンをつくれる
    例えば、ユーザーが飲食店を利用する理由が、必ずしも「美味しさ」や「価格」でなく、スタッフと共通の「趣味」で繋がることもあります。話題を共有する事で、ファンの獲得を期待できます。

【現代の定石】更新システムを導入することでサイト管理の手間を軽減する

再三言いましたが、通常サイトの更新作業は「HTML等のweb言語知識がある人」と限定的になってしまい、そのせいで更新に対する手間やコストが増え、効果的に情報発信が行いにくくなりがちです。

だいふく
だいふく

ワードプレスなどのCMSを導入することで、記事の投稿・更新などサイト運用を効率化しPDCAサイクルを回しまくりましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました