不幸になれる5つの方法

HowTo

皆さんは不幸になりたいですか?

そんなわけないですよね。普通だったら幸せな人生を送りたいはずです。
でも人間はどうやら、幸せよりも不幸を感じやすい生き物だそうです。
不幸を感じやすいから、もっと快適な生活を手に入れようとした結果ここまで人類は発展したという説もあります。
不幸を感じやすいなんてどうかとも思いますが、結果ここまで文明が発達した恩恵も大きいですよね。

幸せってなんだ

一口に幸せと言っても、案外人によって何が幸せかは違うものです。
贅沢な暮らしをするのが幸せであったり、家族と過ごす時間が多ければ幸せだったり、一人で自由に旅をするのが幸せであったり、様々な幸せがあります。
そんなわけで幸せになる方法だなんて、一概には言えないわけです。

でも不幸って、だいたいみんな同じようなものだと思いませんか?

人によってそれが大きい不幸か小さい不幸かくらいはあるかもしれません。
でも、幸せよりは共通しているものだと思うんです。

辛いことや苦しいことは誰にだって苦痛で不幸ですよね。

だから、幸せになる方法なんてものはその本人にしかわからないものなんですが、不幸になるには共通した方法があります。

不幸になる方法

  1. 非現実的な目的・目標を持っている
  2. 他人と比較して幸せを判断している
  3. 悪いことが起きてない=いいことだと思っている
  4. 幸せを追い求めるのはワガママな行為だと思っている
  5. 他人が自分を幸せにしてくれると思っている

当てはまっている数が多いほど、不幸になる確率が高いです。
実践するもよし、反面教師にするもよしです。

タイトルとURLをコピーしました